相続で共有となった土地を分割して単独所有にしたい 横浜市鶴見区 Y様 - 相続登記、名義変更ならお任せください。川崎・横浜の地域密着の司法書士事務所

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 対応エリア
    川崎市・横浜市
  • 初回相談無料
    (TEL・出張)
044-542-6100

8:30-19:00
川崎市幸区中幸町4-8-2 天田ビル2階

  • 電話
  • メニュー
2018.10.05

相続で共有となった土地を分割して単独所有にしたい 横浜市鶴見区 Y様

土地を三人兄弟が相続して、法定相続分の3分の1ずつで共有しております。この土地の維持管理に関して三人三様の考えがあるため、この土地を3つの土地に分割して、それぞれ単独所有にしたいとの事でY様がご相談にお見えになりました。
土地を物理的に3つに分けて、その旨の登記をするのは土地家屋調査士の業務ですので、当事務所の提携先にお願いいたしました。ほどなく土地は3つの土地に分割されました。もちろん目で見ただけではわかりません。登記簿や公図が3つに分かれたという意味です。
この段階では3つの土地とも三兄弟の共有のままなので、この後は「共有物分割」を登記原因に、それぞれの土地を単独で所有することになる方へ、その方以外の共有者の持分を移転する登記をします。ここまでの手続きで所有者が一人の3つの土地になります。
ところで、共有物分割にかかる登録免許税ですが、相続登記とおなじく固定資産税評価額の0.4%と低く設定されています。ところが、土地の形状等から、分割前の土地のピッタリ3分の1で分割することは難しく、多少面積が多くなったり少なくなったりいたします。この多くなった部分にかかる登録免許税の税率は2%と高額になりますのでご注意ください。

イメージ
相続に関するご相談なら川崎相続登記事務所

044-542-6100(受付時間 8:30〜19:00 (平日))

お問い合わせはこちら