自筆証書遺言の保管場所と保管のしかたの最善方法 川崎市川崎区 N様 - 相続登記、不動産登記、口座凍結、名義変更等お任せください。川崎・横浜の地域密着の司法書士事務所

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 対応エリア
    川崎市・横浜市
  • 初回相談無料
    (TEL・出張)
044-542-6100

8:30-19:00
川崎市幸区中幸町4-8-2 天田ビル2階

  • 電話
  • メニュー
2018.12.20

自筆証書遺言の保管場所と保管のしかたの最善方法 川崎市川崎区 N様

 自筆証書遺言はいつでも気が向いたときに書くことが出来、公証役場等の関与も無いので、遺言書を作成する場合の最も手ごろな方法であることは事実です。しかしながら、法律で決められたルールとちょっとでも合わないところがあると、せっかく書いた遺言の全部が無効になってしまうことがありますし、何よりもその保管場所と保管方法がとても難しいのが難点です。
 N様も自筆証書を作っては見たものの、安易にわかるところにしまっておくと、遺言の内容が気に食わない家族に処分されてしまうかもしれませんし、あんまり厳格に隠すと、自分に万一のことがあった後、だれも見つけてくれないで、遺言と異なる相続処理をされてしまうかもしれません。とりあえず仏壇の引き出しにしまってあるそうですが、こればかりは保管場所と保管のしかたの最善方法は無いと言わざるをえません。
 再来年(2020年)の7月から、自筆証書遺言を法務局が「遺言書保管所」となって預かってくれる制度がスタートします。現在、公正証書遺言については、遺言者が亡くなった後であれば、公証役場で遺言書の有無を確認できますが、新しい制度がスタートすれば法務局でそのような照会ができるようになるようです。
 健康に何も心配がないN様ですので、今すぐ公正証書遺言にしなくても、新制度スタートまでお待ちになってもよろしいような気がいたしました。

イメージ
相続に関するご相談なら川崎相続登記事務所

044-542-6100(受付時間 8:30〜19:00 (平日))

お問い合わせはこちら